豪州の手工芸品・美術品

Estherは1962Brisbameで生まれました。彼女は図形と色彩に力を注ぎました。絵図の資格を取るために1980年代にロンドンへ行きました。その後、2年間の修行をし、3年間フランスへ移住し、オーストラリアへグラッフィクデザイナーとして過ごしました。彼女の絵図は日本、シンガポール、米国、オーストラリア等で展示されました。彼女の旅への興味は日本へ向けられ本格的な活動へと発展しました。シルクと日本の着物は作品に影響を与え、楽しさと素晴らしさを与えました。 彼女の活動は日本、シンガポール、アメリカ、オーストラリアに及び、日本でも数多くのメディアに取り上げられました。2番目の子供が生まれ、10年間の滞在の後彼女はオーストラリアへ帰国しました。Tasamaniaは彼女の絵画活動及び、子供の教育へ理想的な環境を与えました。allery salamamaはEsther Cards,ファインアートプリント等が100%シルク製のスカーフと掲載されています。

 

こちらの絵もEsther shohetの手作りの作品です。

 

スカーフ
jumeはmelboumeに初めての作品を発案しました。その後、3度目変更の際medlumにて事業展開をしました。現在シルクと他の繊維の合成服を製造しています。フィット感は過去から現在においても重要な用糸で色、デザインに重大な影響を与えています。

 

コップ
Bemodine Altingisa Lauuncestenに基づいたTasamaniaのポット・陶器の製品メーカーです。Tasamaniaは助手としてLomeestonにて働きました。Ryme tantonは卒業後助手としてCeromic stadio,Tasamania state Institute of Technologyで1987年アートを専攻しました。数年間の間、彼女はInvereskのキャンパス(TAFE : tasamanianpolytechnic)でも働きました。ギャラリー salamancahaは彼女の作品 Abstrace ramgeを保存している。

 

手作りのコースターや写真立てです。